一般的な歯科医院で仕事をしている歯科医師の場合、その仕事内容は、患者歯の治療や口腔内疾患の予防などを主に行っています。簡単に言えば、口腔内の健康を保ったり、異常がある時に治療することを仕事としています。具体的には、虫歯や歯周病などの治療などがよく知られています。そのほかにも、歯や歯茎に関する疾患がある場合には治療することができます。また、親知らずの抜歯や歯石の除去も可能です。そして、高齢化社会において注目されているのが、入れ歯や義歯の作成などです。歯を欠損してしまった時に行う治療も歯科医師が担当します。昨今では、インプラントのように高度な技術もあるため、歯を失ってしまっても、元の機能をほぼ取り戻すことができます。歯科医院の他にも様々な職場が存在しています。例えば、大学での研究などもその一つと言えます。現代の歯科技術は向上していますが、更なる発展のために、日夜研究をしている人が大勢います。その多くは、歯科医師としての経験や実績がある人である場合も多いです。口腔内の疾患などはたくさんありますが、高齢になったり、思わぬけがで口腔内にトラブルが起こってしまうこともあるため、それに備えるのも役割の一つです。